2018年12月27日

よさこいの参考になるアート:ムンク展―共鳴する魂の叫び

よさこい楽曲制作の「おとねこミュージック」です!

よさこいの参考になるアートシリーズ。
よさこいの夢」にも書いたのですが、僕の仕事は夢や感動を売る仕事だと思っています。
そのために音楽だけでなく、様々なアートに触れて「夢」「感動」を吸収しなければならないと思っています。
そこで吸収したものを音楽に反映したいのです。


今回は東京国立美術館で開催中の「ムンク展―共鳴する魂の叫び」を観に行ってきました。
IMG_0822 (600x800).jpg

ムンクは何と言っても「叫び」が有名ですが、僕は「マドンナ」が好きですね。
Tシャツも持ってます。

ムンクの絵は本当に心の奥底に刺さります。
「絶望」も描かれた人物の顔がとても印象的ですし、
「接吻」など色々なバージョンがありますが、唇だけでなく顔全体が溶け合って一体となっている表現など流石です。
「吸血鬼」もいいですね。女性の髪が、男を包みこむ愛情を表現しているのでしょうか。

平日の朝一番に観に行ったので、美術館を出たらまだ11時そこそこでした。
ついでに、フラッと上野動物園へ。
当たり前なのですが、動物達が皆生きている!
「生きている」とはこういうことか、と、感動しました。

平日の昼間に動物園で一人、パンダ弁当を食べる。
BVIU0121 (800x800).jpg


■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■よさこい楽曲制作のご依頼・お問い合わせはこちらから
■youtubeチャンネルもよろしくお願い致します。⇒Otoneko Music チャンネル
■こちらのブログもよろしくお願い致しますサラリーマンがプロの作曲家として稼ぐ秘訣教えます

オトネコ おとねこ












posted by Otoneko Music at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | よさこいの参考になるアート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185755215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック