2017年10月03日

よさこいについて考える:よさこいは芸術だ!

こんにちは!
よさこい楽曲制作のOtoneko Musicです!

よさこいは「芸術」だ!と言えるような可能性を持っていると思います。
芸術の定義は難しいですが、一つ言えることは「既成概念を破壊して、新しいものを創ること」だと思います。


衣装、振り付け、楽曲、それぞれどれをとってもアートな訳ですから、それらが組み合わさっているよさこいは、当然アートになりますよね。
また、「よさこいは自由だ!」にも書いたのですが、よさこいは何でもアリです。
だからこそ、よさこいは芸術たりえると考えられます。

僕は、衣装や振付については素人同然ですが、楽曲面はプロです。
プロとして曲を作る時に意識していることがあります。

それは「嬉しい驚き」です。

「既成概念を破壊して、新しいものを創ること」これをやろうとすると、すごく構えてしまって大変なことを実現しようと力んでしまうのですが、
もっと軽く考えて、ちょっとした「嬉しい驚き」を入れる位の感覚でやっています。

お客様の要望により、楽曲のタイプは色々あるのですが、どんなタイプの楽曲でも曲中に「嬉しい驚き」を入れ込むことを考えています。

民謡フレーズにも、ありきたりのコード進行では面白くないですし、
リズムやテンポ、場面転換など、どこかに
「おお、こう来たか!」
ニヤリとするような部分を入れることを心がけています。

よさこいは色々な要素が混ざり合っていますから、勿論曲が良ければそれで全部OKということはありません。

衣装や、振り付け、演出などなど、、、総合芸術として、いつかよさこいチームのプロデュースもやってみたいですね!

このテーマについては色々深そうなので、また何か思いついたらエントリーを追加したいと思います!



■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■よさこい楽曲制作のご依頼・お問い合わせはこちらから
■こちらのブログもよろしくお願い致しますサラリーマンがプロの作曲家として稼ぐ秘訣教えます

オトネコ おとねこ














posted by Otoneko Music at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | よさこいについて考える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181175427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック