2019年03月29日

よさこいの参考になるアート:東寺 空海と仏像曼荼羅

よさこい楽曲制作のOtoneko Music(おとねこミュージック)です!

よさこいの参考になるアートシリーズ。
よさこいの夢」にも書いたのですが、僕の仕事は夢や感動を売る仕事だと思っています。
そのために音楽だけでなく、様々なアートに触れて「夢」「感動」を吸収しなければならないと思っています。
そこで吸収したものを音楽に反映したいのです。

今日は東京国立博物館で開催されている「東寺 空海と仏像曼荼羅」を観に行ってきました!

IMG_1047 (600x800).jpg

密教は、当時人気下降気味だった仏教にテコ入れをしようと、逆に人気上昇中だったヒンドゥー教の神様の要素などを取り込んで、仏の世界観を広げた教えです。
仏さまも、○○如来、○○菩薩、○○明王、○○天など沢山いらっしゃいますね。

最大のお目当ては立体曼荼羅の仏像です。
ですが、空海の書いた書物は凄い!
まず書かれたのが850年ごろ、つまり1200年程前なのですが、それがそのまま現代に残っていることが凄い!
そして、漢字が今使っている字と殆ど同じ!ちょっと勉強すれば800年頃生きていた人と文通できます!
そのことに感動しました。

次に良かったのは十二天面ですね。
これは鎌倉時代の作ですが、何しろ迫力があります。ここから能面などが派生したようです。

立体曼荼羅の仏像たちは、本当に見事でした。
帝釈天だけ、撮影OKでした!
IMG_1048 (600x800).jpg

どの仏像も今は煤けた黒っぽい色になっていますが、当時は鮮やかにペイントされていたので、さぞかし華やかだったろうな、と思いました。
隣に立って2ショット撮影したくなります。
これはもう仏教エンターテインメントです!当時は相当な人気があったんだろうなと推測できます。

続いて、ミュージアムシアターへ!
「空海 祈りの形」を観ました!
IMG_1051 (600x800).jpg

VRシアターも良かったです!

帰りは上野恩賜公園の桜!
IMG_1054 (800x600).jpg

posted by Otoneko Music at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | よさこいの参考になるアート