2019年03月14日

よさこいの参考になるアート:ランチタイムパイプオルガンコンサート(東京芸術劇場)

こんにちは!

よさこい楽曲制作のOtoneko Musicです!

よさこいの参考になるアートシリーズ。
殆ど自分の為のメモ書きですが、よさこいのネタを探している方の参考になったりしたら嬉しいです!

本日、東京芸術劇場で行われたランチタイムパイプオルガンコンサートに行ってきました。
よさこいにパイプオルガンなんて関係あるの?と思う方もいらっしゃるでしょうが、よさこい曲は何でもアリです。
実際、僕もお客さんのリクエストで、パイプオルガンの音を使ったことがあります。

YOSAKOIソーランチーム白縫さま 2017「覇道」2:48からパイプオルガン登場します。


千紫万紅さま 2017「KAMISAKI」 0:46からパイプオルガン登場します。



ランチタイムコンサートは平日の12時15分〜45分に行われ、料金も500円とリーズナブルです。
生のパイプオルガンを聴けるチャンスですから、これは行くしかありません。
IMG_0999 (600x800).jpg

見事なパイプオルガン!
IMG_0996 (800x600).jpg

パイプオルガンは「Stop」と呼ばれるスイッチ(?)を押すことにより、様々な音色を出すことができます。
フルートやクラリネットのような音色も出ていました。

今日の曲目の中では、やはりバッハは別格!
他の作曲家の曲は、パイプオルガン以外でアレンジし演奏することもアリでは、と思いましたが、バッハの曲だけは、パイプオルガン以外には考えられない。
当時の人がこれを教会で聞いたら、神の存在に恐れ戦いたのではないでしょうか。
それだけ凄味がありました。

低音の太いパイプと、高音の細いパイプが同時に鳴る部分など、胸を掻きむしってのたうち回りたくなりました(笑)

どのパイプが鳴っているのか光ってわかるようにしたら面白いのに(笑)


途中でパイプオルガンが回転し、背面にもう一台のパイプオルガンが!
こちらは現代的な響きです。見た目も近未来的。

IMG_0997 (600x800).jpg

都会の喧騒の中、ここだけは別世界のようでした。
どんどん生の音、聴きたいですね!



■筆者HP⇒Otoneko Music HP
■よさこい楽曲制作のご依頼・お問い合わせはこちらから
■youtubeチャンネルもよろしくお願い致します。⇒Otoneko Music チャンネル
■こちらのブログもよろしくお願い致しますサラリーマンがプロの作曲家として稼ぐ秘訣教えます

オトネコ おとねこ














posted by Otoneko Music at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | よさこいの参考になるアート